スポンサードリンク

第二話 頑固な老人ばかりのロングステイの会が空中分解

ロングステイ・タイ

彼の話を文字にすると軽い感じに思えますが、実はとても真面目な一面を持つ老人です。彼はバンコクのロングステイの会に所属していました。この会は人数が100人を超え、そこそこの規模を誇っていました。
 
しかし、このロングステイの会の中で内紛が起きてしまい、収拾がつかずに解散をすることになったのです。タイでロングステイをする人たちの中心は、年配の男性です。
 
女性ばかりが集まる会もなかなか難しいと聞きますが、頑固な年配の男性たちをまとめ上げるのも骨が折れます。元々この会は、別のロングステイの会人たちが飛び出して作った集まりでした。
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>

 

頑固者の集まりをまとめるのは至難の業

 
気の合う者同士で作ったはずですが、年数がたつにつれ次第に意見がぶつかり合い、軋轢を生んでしまいました。どんな人でも60歳を超えると、とても頑固になります。
 
自分の流儀を曲げずに押し通そうとします。そのために、ちょっとした意見の食い違いが、深刻な対立に発展して事件になることもあります。
 
そもそも数十年にわたって会社勤めなどをして、定年退職した人たちです。それなりの実績や自身もあります。そういった方々がタイで暮らすわけですから、個性的であり変わり者だったりするのです。
 
個性的で変わり者の人と話すのは楽しいですが、集団生活には適していない人が多いのです。超一流企業や官庁で活躍し、感心するような地位で定年した人もいます。
 
タイでのロングステイ・経済格差
 
かと思えば万年ヒラ社員で退職した人もいます。どちらも定年退職をした老人に変わりはないのですが、昔の肩書を捨てきれない人が多いです。
 
絶対に顔を合わせることのなかった地位の人同士が、老人として対等に付き合う訳です。リタイア生活とはこう言う現実があるのです。
 
この現実を迎えたとき、プライドをすっぱり捨てて対等に付き合うは簡単ではないのです。これはタイのロングステイの会だけではありません。高齢者が集まるあらゆる団体は、同じような問題が勃発します。
 
彼はこのロングステイの会の中心人物でした。人がいいので、いろんな波状攻撃を受けながらも、最期の幕引きをしていたのです。
 

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報