スポンサードリンク

第一話 日本では女性に声を掛けられないがタイなら積極的な日本人

タイ、テーメーカフェ

日本では婚活、街コン、ネット婚活・出会い、趣味の集まりなどで、男女は出会っています。カップルが沢山増えて、素敵な家庭を築いてほしいと思ってしまう私はオジサン丸だしです。
 
日本人がタイに住んで異性と出会うには、夜の街で働く女性か関連した場所で働く女性になりがちです。ただ、夜の街で働く女性は結構なお金が絡みますので、年金暮らしの方や外こもりの節約生活者には厳しいでしょう。
 
そこで昔から有名なのがカフェを装った出会い系の場所です。出会い系と言えば聞こえはいいですが、お金が絡む場合が殆どです。ただ、夜の街でパートナーを見つけるよりはお金はかかりません。
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>

 

出会い系カフェなら誰でもで会える

 
ネット上にもタイ女性と出会えるモノが沢山ありますが、タイ語若しくは英語が話せないとやり取りが難しいのが現実です。片言のタイ語を話せる日本人は多くいますが、日常会話レベルとなると極端に減ります。
 
そうなると片言の日本語か英語が話せる女性以外との交際は難しくなります。英語や日本語が話せるタイ人女性には、夜の街で働いている場合と日系や欧米企業で働く人たちです。
 
高齢の日本人や外こもりの節約生活の日本人が、知り合うことが出来る人たちは説明するまでもありません。どうしてもお互いの目的を達成するためだけの付き合いにならざるを得ません。
 
それでも高齢者や外こもりの人達は日本に居る時よりも積極的です。出会い系のカフェと言う場所柄もありますが、日本では女性に声を掛けられないのに、タイでは積極的です。
 
タイ、テーメーカフェ
 
声を掛けた際に断られる確率が低いのと、男性、女性とも同じ目的で集まっていますので、お互いの利害が達成しやすいことも積極的になれる理由でしょう。
 
この出会い系のカフェで出会い、疑似恋愛が始まる場合が多々あります。ある日本人高齢者はタイで暮らし始めて数年が経過しました。ゴルフ、タイ語学習、女性関係などを充実し、日本では出来ないことをしています。
 
彼の1か月の生活費は約6万バーツです。マンションの家賃が1万バーツ、ゴルフが週二回で1万バーツ、生活費、飲み代や遊びなどが4万バーツほどです。彼の生活費の目標は20万円以内ですが、円安が進んでいますので難しい状態です。
 
彼は十数年前に奥さんを病気で亡くし、自分の会社を切り盛りしながら子供たちを育ててきました。奥さんが亡くなった時は、子供はまだ小さく、何から何まで彼がこなしてきました。
 
飲みに誘われても断り、ゴルフもごくたまにしかいけませんでした。自分の時間を子供の世話や仕事に費やしてきたのです。中年の男がスーパーで大量の買い物をしていると『大変ね~』と声を掛けられました。
 
男が子供を育てることに対して、『偉い、大変』という形容詞が常に付きまといました。彼にとってこの言葉はとても息苦しかったそうです。
 
続く

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報