スポンサードリンク

中高年の恋を支えてくれるのはタイであり東南アジアである

高齢者の恋愛を支えてくれるタイ

第二の人生をタイで過ごす日本人は、何らかの理由や歴史から、日本に違和感を感じています。日本社会に疲れてしまったり、中には弾き出されてしまいドロップアウトする人も少なくありません。
 
ドロップアウトまでいかなくとも、疎外と疲労を感じて過ごす中高年日本人は沢山います。タイと言う暖かい国が持つやさしさに惹きつけられてやってくる人は後を絶ちません。
 
年中暖かいので、ゴルフ好きな人にすればもってこいの国です。また、少ない収入でも日本より贅沢が出来るのも、大きな利点でしょう。こうした中高年の中には、女性には全く興味が無い人少なからずいます。
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>

 

高齢者でも恋愛をすれば活力が湧いてくる

 
しかし、タイ女性が世界中の男性との出会いを提供してくれていなければ、タイにやってくる男性の数は大幅に減ると思います。日本のニュースなどを見ると、1週間に数回は『孤独死、独居、独身』という言葉を聞きます。
 
ようするに「ひとり」で暮らす男性、女性が大幅に増えていることが、社会にいろんな影響を及ぼしているのです。日本の生涯未婚率の推移を見てみましょう。
 
生涯未婚率・日本
 
男性、女性とも毎年未婚率は上がっています。さらに、40歳になった男女が5年以内に結婚できる確率は1%前後と言うデータがあります。30~35歳でさえも、結婚出来ている人は3人に一人です。
 
結婚できない理由として、格差によって稼げる人が減り貧困層が増えましたので、結婚生活が出来ないと諦めている人が極めて多いです。他には草食系、アニメ、アイドル系へ流れてしまうなどいろんな要因があります。
 
このように生涯結婚に恵まれずに独身のまま高齢になる男性が、特に増えています。仕事などをしている内は、気を紛らわせることが出来ます。しかし、定年になると一人で過ごす孤独な時間が押し寄せてきます。
 
高齢者たちの多くは日本社会から離れてしまい、疎外感を感じて暮らしているのが現実です。この孤独な状態で生きる気力を失い、抑うつ状態になってしまう高齢者が沢山います。
 
仮に趣味に没頭しても、1人で自分の最期を迎えるまでの数十年間を埋めるだけの時間を費やすことは出来ません。こうした中で50歳から75歳までの自殺者数は増えています。
 
特に男性の自殺者数は悪化の一途をたどっています。
 
高齢者の自殺者数

クリックで画像が大きくなります

 
高齢者の恋愛は日本ではタブーな面があります。「いい年して」と揶揄されがちですが、日本の老人ホーム内での高齢者同士の恋愛は活発です。
 
生きる活力を生みだし手段として、異性の存在は非常に重要なのです。男だけの飲み会に、女性が一人加わるだけで雰囲気がガラッと変わることは多々あります。
 
男だけで居酒屋で酒を飲んでいると、懐に余裕があれば、スナックやキャバクラなどに足を延ばすものです。男性にとっても、女性にとっても異性の存在は切っても切れない間柄です。
 

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報