スポンサードリンク

タイが好きなくせに悪口を言い続けるのは文化のギャップが巨大だから

タイ・バンコク

虫や爬虫類、タイの暑さに参ってしまう日本人は沢山いますが、タイ人に参ってしまう日本人も沢山います。タイ人はとても大らかですし、彼らの生き方は自由奔放です。
 
「大らかさや自由」の裏には「適当やいい加減」という言葉にも置き換えることが出来ます。まずタイに住み始めて思うのは、タイの時間のいい加減さです。タイムイズマネーと刷り込まれているのは、先進国のみです。
 
タイでは先進国で刷り込まれている価値観は浸透していませんので、目くじらを立てて怒っても仕方ありません。殆どのタイ人は基本的に時間を守りません。
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>

 

タイと日本は似ているようで全然似てない

 
タイ人が時間を守らないと言いますか、社会自体が時間に対して重きを置いていません。時間を正確に守ると言うのが当たり前の日本人からすれば、これは大きなストレスになります。
 
また、基本的に飢え死にがないタイでは、将来のことを深く考えない人が多くいます。そのため、その時の気分や状況の変化で簡単に予定を変更してしまいます。生真面目でプランを重視する日本人は、10分遅れただけでイラッとします。
 
タイでは30分、1時間の遅れは遅れではありませんから、日本人からするとあらゆることが簡単に変更されることもストレスです。また、タイ人の忍耐強くのなさにもガッカリします。
 
タイ・バンコク
 
日本人の「頑張る」という概念が、タイには浸透していません。辛いことにも耐えて、努力し続けることが当たり前の日本人からすれば、簡単にあきらめたり辞めてしまうタイ人に疑問を持ってしまいます。
 
はっきり言って、日本的な価値観でタイ人やタイ社会の悪口を言い出したら、とめどなくあるでしょう。実際、タイに暮らす高齢日本人の中にも、いつもタイの悪口を言っている人がいます。
 
そんなに悪口を言い続けるのなら、日本に帰ればいいのにと思うのですが、ツンデレなのでしょう。やはりタイが好きなのです。ではなぜ悪口を言い続けるのかと言えば、悪口を言うことでストレスを発散しているのです。
 
タイに暮らしていれば、日本以上のストレスを感じることは日常茶飯事です。
 
どこの国にも短所も長所もあります。しかし短所がやたら目に入ってきますので、悪口で処理しないと爆発しそうになるのです。
 
こう考えますと、タイと日本の文化は似ている面も多々ありますが、強烈に異なる部分もありますね。
 

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報