スポンサードリンク

温暖なタイに潜む虫・爬虫類・蛇・菌類は我々にとって脅威だ

タイのホテルやアパートには虫が沢山

我々のようなタイ好きな人間でもタイの嫌いな点があります。タイが大好きでタイに移住してみたものの、タイを嫌いになって日本へ帰る人が意外にいます。
 
我々が思っているタイの長所は、同時にタイの欠点にもなり得るのです。例えば一年中暖かい気候ですが、我々にとってはとても有難いものです。冬のない生活は、関節痛、神経痛、偏頭痛などを発症させません。
 
我々にはタイは一年中夏に近い感覚ですが、雨季、乾季、夏期に分かれます。最も暑いのは夏期の3月~5月です。この時期の暑さはハンパではありません。日中に数歩歩けば、ジワッと汗がにじむレベルです。
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>

 

虫、爬虫類、菌、不潔がダメな人はタイは厳しいかも

 
日本からタイに旅行に行く場合は、雨季は飛行機の時刻が乱れますし、夏期は地獄のような暑さにウンザリしてしまいます。ですから、乾季と言われる時期に旅行するのがベストですが、そう簡単に休みは取れません。
 
この温暖な気候に付随して、日本では起こりえないことがタイでは起こります。まず、モノが異様に早く腐ります。最近では減りましたが、バンコクの道端に捨てられているいろんなモノが腐って異臭を放ちます。
 
これは不潔ですし、鼻が曲がりそうな匂いなので、いろんな点で衛生概念に疑問を持ってしまいます。日本人、日本の清潔っぷりは世界有数なので、不潔な状態を毛嫌いする人もいます。
 
我々からすればタイが不潔とは思いませんが、清潔感を強く求める人にとっては、タイは決して居心地がいいとは言えません。
 
タイのホテルやアパートには虫が沢山
 
また、温暖な気候は新たな難問を生みます。温暖なため、いろんな生物が元気良すぎてしまうのです。黴菌がガンガン発生しますので、日本人の免疫力では対処しきれません。
 
タイに移住して4年、5年経過している人でも、定期的にお腹が痛くなってしまいます。また、虫や昆虫関係も我々からすると仰天レベルです。甘いものを机の上に放置すれば、1時間もすれば蟻がわんさかと集まってきます。
 
トカゲやゴキブリも日本のサイズとは比べ物になりません。2~3倍のサイズで、壁に張り付きながら移動するのを見ると、我々男たちでもぶっ飛びそうになります。女性なら発狂してしまいます。
 
バンコクの高層マンションで生活しているとお目にかからないかも知れませんが、郊外に住むと蛇、サソリもここぞとばかりに出没します。また、蚊に刺されてマラリアやデング熱にかかる危険性もあります。
 
慣れの面もかなりありますが、どうしても虫や爬虫類が嫌いで仕方がない、不潔が嫌で仕方がない人には、タイと言う国は厳しい国でしょう。
 

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報