スポンサードリンク

第三話 全財産と年金の一部も若いタイ女性に貢ぐ老人たち

中高年と若いタイ人女性

タイの法律では外国人が個人名義で不動産を持つことが、原則として難しいのは周知の事実です。ですからコンドミニアムを購入する外国人が沢山います。
 
この法律がありますので、彼はアパートを若い世間知らずな彼女名義で購入しました。更に彼は、自分の所持金を全て愛する彼女の口座に振り込んでありました。これだけでもひっくり返るぐらいおめでたい人です。
 
これだけでは終わりません。彼が数十年にわたって働いてきた証拠として貰える年金まもで一時金として受け取り、言われるがままに、受け取り人を彼女名義の金融商品に換えてしまっていました。
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>

 

タイ人女性を盲目的に信用するのは危険だ

 
彼は待ちに待った彼女に会いに、彼女との生活を始動するためにバンコクへやってきました。しかし、彼女の様子がどうもおかしいのです。彼が日本で暮らしている際は、彼女は毎日のようにメールをしてきたり、ワン切りで彼の声を待っていました。
 
電話でしょっちゅう話していても、彼女は彼を待ち焦がれていると言っていました。そんな彼女が妙によそよそしいのです。またそればかりではありません。彼を邪魔者のように扱い始めたのです。
 
しばらくすると、彼は強烈な事実を知ることになります。彼女はすでに別の若いタイ人男性と結婚していたのです。そして、金の成る木として役に立たなくなった日本人は、すでに用無しだったのです。
 
この事実を知った彼は激怒し、彼女に対してすべての現金やアパートを返還するように言います。しかし、タイの法律によって彼女の現金、不動産はガッチリ守られてしまい、彼には手の出しようがありませんでした。
 
中高年と若いタイ人女性
 
彼は全財産はもちろん、老後を保障する年金の大半さえも失ってしまったのです。仕事も退職し、全財産もなくし、年金の多くも失った彼は、打ちひしがれるしかありませんでした。
 
こういった話はタイに10万件以上あるかも知れません。日本でも援助交際がありますし、キャバクラのお姉ちゃんにお金をつぎ込む話は沢山聞きます。しかし、言葉が通じますし、身元などもある程度把握できます。
 
タイ人女性となると、言葉も文化も異なり、更には女性の実家の住所はもちろん、彼女が住んでいるアパートさえ知らない日本人オヤジたちは沢山いるのです。
 
いろんな障害やハードルが高いはずのタイ人女性なのに、全財産や年金を貢いでしまう老人の多さに仰天します。これは日本人だけではありません。欧米人も同じです。
 
世界中の中高年の多くがタイ人女性や東南アジアの女性たちに貢ぎ、財産を失て貧困に陥っているのです。この事態を自業自得ですが、一歩間違えば、これから中高年を迎える世代にとってもあり得ることです。
 
あらゆる罠が我々を待ち構えていることを忘れてはいけないと感じます。
 

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報