スポンサードリンク

タイ人に日本式の仕事を教えるのは至難の業だが可能だ

タイ人の従業員教育

タイで起業したり、お店をオープンしたり、駐在しながらタイ人スタッフを使うことがあります。個人で起業した場合は、タイ人パートナーと揉めて、事業や商売が傾く話はよく聞きます。
 
こういった話を耳にして、しっかりとタイ人を見極めながら商売をしている日本人がタイには沢山います。ある日本人が経営する飲食店で、タイ人をマネージャーとして雇用していました。
 
かなり優秀なタイ人でしたが、”典型的なタイ人”であったため、日本のやり方を理解できませんでした。お客さんからの代金で給与を貰っていることを理解できませんでした。
 
するとお客さんに対して粗相があった際に、詫びることをせずに、反抗したり自己主張ばかりしてしまうのです。
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>

 

タイ人を教育できる器が日本人には必要だ

 
この日本式の考え方ですが、優秀なタイ人で経験がある人ほど理解できません。いろんな経験があるタイ人よりも、仕事経験があまりないタイ人の方が吸収が良かったりします。
 
仕事に関しては教育しなければならない手間がありますが、経験が無いので日本式をどんどん吸収します。日本式が正解とは言い切れませんが、少なくとも日本人を相手にする商売の場合は必要です。
 
他でいろんな経験を積んでいたタイ人を雇うと、一時的には助かります。しかし”サバイサバイ”が浸透しきっていますので、日本式を吸収できません。
 
飲食店の場合、開店前に掃除、仕込み、発注、テーブルセットなどは当たり前です。タイの飲食店のように、営業しながらボチボチやっていくスタイルではありません。
 
タイ人の従業員教育
 
ですから、日系の飲食店で働く場合はボ~っとしている時間が無く、タイ人にとって過酷かも知れません。ボ~っとすることなく、常に仕事をするスタイルが身についていないタイ人は辞めていきます。
 
タイ人は日本人より給与が低いですから、多少のことは目を瞑らなければならない場合があります。しかし、一番気を付けなければならないのは、指示通りやったかどうかのチェックです。
 
これは日本人にも言えますが、言いっ放しは絶対にいけません。必ずチェックをして確認しないと、人間は怠ける動物なのです。自分の仕事は常に上司からチェックされ、出来ていなければ修正しなければいけないという刷り込みが必要です。
 
特に温暖な気候で育ったボチボチ生きるタイ人には、この教育が必要でしょう。染まっていないタイ人であれば、日本式の仕事は十分に可能です。
 

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報