スポンサードリンク

拝金主義志向が強いタイ人にモテるのは色白のぽっちゃり日本人顔

タイの子供たち

ある大学に日本人講師がいますが、彼の評判は日が経つにつれ、うなぎ登りでした。女性の講師や女子大生の多くが日本人講師を「ハンサム」だと連呼するのです。

タイでは日本人が一般的にはモテると”日本人の中で勘違い”されています。実は日本人がモテているのではなく、裕福そうに見える顔立ちや姿をハンサムだとするタイ人が多いからなのです。

それは「色白で、少しぽっちゃりしていて、メガネをかけている」人です。日本にいればどこでにいる顔と姿ですが、タイ人女性にとって好む要素が含まれているのです。

いつもクリックありがとうございます。  にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

<スポンサードリンク>

夢が夢ではないタイ人の考え方に違和感を感じざるを得ない

  タイ人女性が好む傾向として「色が白い、血色がよい、洒落たメガネをかけている男」が好まれる傾向にあります。もちろん、好みは千差万別ですが、大きなくくりで見るとこの種の男性は好まれます。

ハンサム・イケメンと言えば顔立ちをメインに考えますが、タイ人女性はお金を持っていそうな感じも、ハンサム・イケメンの要素に含まれるようです。

仮にその男が金持ちかどうかはわからなくても、金持ち風に見えること=ハンサム・イケメンとして捉えられています。美的感覚と経済観念や社会的地位がしっかりと結びついているのです。   タイの医者はタイ人の夢   日本ではこんがり日焼けしたマッチョで、そこそこの顔でしたら全体的にイケメンと言えると思います。しかし、タイでは相対的に色白でポッチャリしている人の方が好まれます。

この背景は育ちの良さが顔と体系に反映されていると言えます。裕福な中国系のタイ人は、色白でポッチャリしているタイプが多いですが、この容姿が金持ちっぽい=ハンサムとなるようです。

こう言ったことは一例ですが、タイ人は日本人よりも拝金主義、現実主義が強いと感じます。日本の小学生に将来の職業の夢を聞くと、サッカー選手、野球選手、芸能人、医者などが続きます。

しかし、タイの小学生の一番なりたい職業は医者です。理由は、お金持ちで社会的地位が高く、両親が病気になってときに役立つからだそうです。子供らしくない思考が入っていますが、これは親の教育がかなり浸透していると言えます。

タイでは夢は現実化する可能性が高くなければならず、現実化したとき、どういったメリットがあるかまで考慮されている気がしますね。

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報