スポンサードリンク

タイやフィリピンでなぜ日本人ホームレスが増えているのか

タイ

外国に住む日本人が増えるのはいいことですが、必然的に外国での生活に疲れたり、職を失ったり、犯罪に巻き込まれることがあります。

東南アジア諸国は基本的に外国人には厳しい国ですので、自国と勝手が全く違うことに戸惑ってしまいます。

また、自分が外国人であるという自覚が芽生えるまでに、文化・習慣・法律・宗教などの違いに大きなストレスを抱えることがあります。

いつもクリックありがとうございます。  にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

<スポンサードリンク>

タイやフィリピンには多くの困窮邦人が住んでいる

  大きなストレスを抱えながら生活していると、現地での仕事などにも影響し、職を失ってしまうこともあります。

また、東南アジアに女性を追いかけて移住する人も多くいて、女性に全てを吸い取られてホームレスになる場合もあります。

特にフィリピンやタイ女性を追いかけて移住する人の中に、残念な人がいます。タイは比較的若い日本人が多く移住していますが、フィリピンは50代以上の中年から高齢の日本人が多くいます。

高齢に差し掛かる日本人男性が、女の尻を追いかけて移住する場合は目も当てられません。チェンマイなどにもロングステイで移住する高齢者がいますが、1人で移住する男性はよほど自分を律しないと危険です。

タイ女性やフィリピン女性の魅力に取りつかれて、財布のひもを緩めてしまうことがあります。現地に長年住んでいて、危機管理をしている人でも、女性の魅力にコロッとやられて大きな勘違いをします。

私も含めた多くの男性が勘違いをし、そして女性に貢ぎ、預貯金全てを失うと、問答無用で女性から放り出されます。放り出された後は家も金もありませんから、ホームレスになるしかありません。   タイのホームレス

日本との縁を断ち切るのはあまりにも危険

  大使館に助けを求めたところで、帰りのチケット代を借りることは出来ません。大使館から日本に住む知人や家族に連絡し、送金をお願いすること以外の助けはしません。

女のケツを追いかけてきた人の多くは、日本との連絡を絶ち切っている場合があります。   疎遠になっている人間から、チケット代を貸してくれと言われても、拒否したくなる気持ちは重々理解できます。都合が悪くなったら連絡してきて、金を貸してくれと言われて首を縦に振る人はいません。

日本が嫌になったり、いろんな理由で海外に移住すると思いますが、日本との縁を断ち切るのは非常に危険です。海外移住するからこそ、友人や家族などと定期的に連絡をとり、現状を知らせておくことが賢明です。

人間は一人で生きていくことは出来ません。必ず誰かに寄りかかり、誰かが自分に寄りかかっています。   人と人の絆を絶つことなく、海外生活を楽しみましょう。

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報