スポンサードリンク

第一話 40歳以上の中年が結婚できる可能性は2%以下と言う現実

タイで婚活

タイに移住して来た人の話題として一番多いのはお金の話です。タイをはじめとする東南アジアと日本には、大きな経済格差があります。衰退しているとはいえ世界3位の経済大国と、発展しているとはいえ新興国に位置するタイでは経済の差は歴然としています。
 
経済格差を利用して日本の高齢者はタイに渡ってきますが、お金を持っていることで招いてしまうトラブルもあります。日本に住んでいるよりも遥かに高い可能性で、お金のトラブルに巻き込まれます。
 
タイのビザを取得してロングステイヤーとして、タイに住む人たちの中にもトラブルはつきものです。ロングステイと聞くと、日本の高齢者夫婦がタイに移住して老後を過ごすイメージがあります。
 
しかし、実際は非常に男臭い現実があります。
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>

 

選り好みが出来ない年齢なのにしてしまう

 
ロングステイヤーの中に生涯独身だったり、離婚して独身だったりする方がいます。高齢の独身男がタイにロングステイするわけですから、身の回りを世話してもらいたいのはもちろん、高齢の婚活と言う意味も含まれています。
 
そして、ロングステイヤーには年金や退職金と言う背景が見え隠れしますので、お金にまつわる問題は発生しやすくなります。
 
60歳以上の高齢者のロングステイもありますが、中には30代や40代の婚活をタイで行う男性もいます。中年に差し掛かると、少しずつ老後が見えてきますので今のうちにという思いがあるのです。
 
タイで婚活
 
40代以上の婚活は10代や20代の頃の恋愛ではなく、家庭を持って生活すると言う現実的な婚活です。彼らは両親をはじめ、友人達からも結婚を急がされています。しかし、給与が低い、正社員ではない、40歳越え等の理由で結婚できない要素が沢山あります。
 
40歳の人が45歳までに結婚できる確率は、なんと2%を切っていますので、かなり狭き門であることがわかります。日本の女性も男性も35歳を超えてからの結婚は、非常に難しく困難なものなのです。
 
女性はともかくとして、男性は結婚相手を日本人ではなく、より可能性が高い経済格差のある国の女性に活路を見出します。タイでは水商売系の女性と交際するのは、それほど難しいことではありません。
 
一晩で恋愛に発展する話は吐いて腐るほどあります。しかし、婚活している日本人男性は夜の商売をしている女性よりも、昼間の商売をしている女性を好みます。
 
どうしても夜の商売に対してフィルターがかかるため、敬遠してしまうのです。
 
続く

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報