スポンサードリンク

年中真夏のタイに生まれたのに暑い暑いと言いすぎ

タイの平均気温

年がら年中暑いタイで育った人は暑さに強く、年がら年中寒い所で育った人は寒さに強いと思いがちです。しかし、タイ人をはじめとする東南アジアの人たちは、年中真夏の場所で生まれて育ったのに暑さをやたら嫌います。
 
本当に暑さに弱いのかは不明です。農家の人や外で仕事をする人は炎天下で働いています。仕事なのでやむを得ず暑さを我慢するのは、日本人でも東南アジアの人たちでも同じです。
 
ただ、タイ人は一般的に暑さに弱く、『暑い、暑い』といつも連呼しているように思います。タイ人と昼間に買い物に行ったり、外出したりすると、『暑い、暑い』と言ってすぐに屋根や木の木陰に入ったりします。
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>

 

暑い国の人が暑さに強いとは限らない

 
もちろん私も暑いとは思いますが、彼らほど連呼はしませんし、彼らほど太陽を避けようとはしません。ある日本人が、バンコクに滞在していたとき、電話を掛けるために電話ボックスを探しました。その電話ボックスの前に妙に列が出来ていました。
 
今日は電話を掛けたい人がとても多いなと思いましたが、列の一番後ろに並びました。並びましたが、何分経っても列がすすみません。どうなってるんだと思い、電話ボックスを見ると誰も電話していませんでした。
 
ではなぜ電話ボックスの前に列を作っているのかと言いますと、電話ボックスが作る小さな影にタイ人は入りたかったのです。一人が太陽を避けるために影に入ると、その後ろにすぐに他の人も太陽を避けるために並びました。その場所はバスが止まるところでもあったので、皆は少しでも太陽を避けようと影に入っていたのです。
 
タイ・チェンマイ平均気温
 
その時間はまだ朝の8時でそれほど暑くなかったのですが、皆が太陽を避けようと電話ボックスが作る陰に綺麗に収まっていたそうです。
 
ドンだけ暑さに弱いんだと思いますが、タイ人は意外に寒さに強いかったりします。タイの北部はバンコクとは異なり12月~2月ごろは結構温度が下がります。暖房が欲しいほど温度が下がるときもありますので、日本の秋に匹敵するかも知れません。
 
日本はお湯が当たり前のように出ますが、タイの家庭は給湯機がついていない家が殆どです。そんな肌寒い時期に、朝からガッツリと水シャワーを浴びて出勤したり、学校へ行ったりしています。
 
もちろん全てのタイ人に当てはまるわけではありませんが、相対的にタイ人は相対的に暑さに弱く、意外に寒さに立ち向かう民族だと感じました。

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報