スポンサードリンク

NOと言わない文化は日本や東南アジアの大事な伝統だ

タイと日本の文化

『NOと言えない日本人』と書くと非常に自虐的で、NOと言えないのがあたかも悪いように感じます。前回の記事でも書きましたが、NOとはっきり言わない文化を持つのは日本人だけではありません。
 
東南アジア全般に言えると思います。
 
ドリアンと言えば臭い食べ物ですが、味が絶妙で美味しいと評判です。個人的にはあまり好きではありませんが、食べれなくもないです。
 
タイ人の多くもドリアンが好きで、ちょくちょく食べているとある日系の会社で話題になりました。そこで上司の日本人が良かれと思って、ドリアンを会社に持って行きました。
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>

 

文化や風習を尊重できないのは器が小さい証拠

 
タイ人の社員たちは『ありがとうございます、皆で後で食べます』と喜んでいました。上司はタイ人社員が少しでも喜んでくれればと思っていましたので、皆の喜ぶ顔が見れてホッとしていました。
 
それから数週間後、上司は皆にまたドリアンを持ってきました。皆に『また、食べてね』と告げて、冷蔵庫にしまおうとすると、社員が『開けてははダメです』と叫びました。
 
上司が『なんで?』と尋ねると社員は『ドリアンが入っています』と答えます。上司は意味が分かりませんでした。ドリアンをプレゼントしたのは数週間前です。
 
冷蔵庫とは言え、灼熱のタイで数週間もドリアンを放置すれば、とんでもないことになっています。上司がタイ人社員に優しく聞くと、『ドリアン好きでしょ?』と上司が持ってきたので断れなかったと言います。
 
タイと日本の文化
 
かと言って捨てるわけにもいきませんので、冷蔵庫に放置したままだったのです。日本でもこんな話は腐るほどあります。最初からダメだと言ってくれればと思いますが、これが日本を含む東南アジアの文化とも言えます。
 
相手の気持ちを考えすぎて、『NO』と言えないのは日本人だけではなく、中国を除くアジア全般ではないでしょうか。欧米のやり方が素晴らしいと刷り込まれたり、思い込んでいる人が多すぎるのです。
 
相手を気遣いすぎるのは大事な文化であり伝統です。この奥ゆかしい文化に慣れない人たちが、批判したり変更させようとして躍起になっているのです。
 
隣の畑はよく見えますが、自分の畑の方がいろんな穀物が育つものです。

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報