スポンサードリンク

タイの食文化は世界を牽引するほどの力がある

タイの食文化

タイ人と挨拶をする際に特徴的なのは『ご飯食べた?』です。『ご飯食べた?』と聞かれて食べてなければ『一緒に?』という意味が含まれていると思いがちですが、タイ人には含まれていないことが多いです。
 
日本人同士で『ご飯食べた?』と挨拶で交わすことはほぼありません。しかし、タイ人は食に関してかなり拘りがあるため、挨拶にも食に関することが含まれるそうです。
 
食文化の充実と言えば中華料理もかなりのモノです。ただ中華料理を食べる場合は、大人数でいろんなおかずを注文して食べます。大きな円卓を囲んで大皿に盛られた料理を食べますので、定食と言う面では弱いかも知れません。
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>

 

タイ人は味にうるさい民族

 
タイの場合は中華料理と違って、定食屋や屋台がかなり充実しています。朝は定番のおかゆに始まり、夜に酒を飲んだ後は麺類も豊富です。
 
屋台はそこら中にありますので、自分の好みの味を探すことも可能です。タイ人は外食の習慣がありますので、お客さんが沢山来ます。
 
お客さんがたくさん来ると仕入れ価格を下げることが出来ますので、販売単価も下げることが出来ます。販売単価を下げれば、さらにお客さんが来ますので好循環です。
 
タイの食文化
 
タイに住んでいますと、下手に自分で作るよりも外食の方が安くて、旨い場合が多々あります。家でゆっくりしながら食べたい場合は、屋台や定食屋でおかずだけ持ち帰ることも出来ます。
 
タイの主婦が屋台などでおかずを買って食卓に出すのはよくあることです。日本では店屋物を食卓に出すのは、忙しかったり、追加の一品として出します。店屋物の味はやはり店屋物なので、凄く美味しいと感じることはありません。
 
しかし、タイでは主なおかずも屋台で買ったものだったりします。タイ人は味にうるさいですから、マズければ誰一人寄り付きません。それなりに流行っている屋台や定食屋は、味にうるさいタイ人が選んでいますので、かなりレベルが高いことがよくあります。
 
タイはかなり発展しましたが、インフラを含めまだまだの面が沢山あります。しかし、職に関しては世界でもかなり上位を走るレベルだと思います。

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報