スポンサードリンク

第一話 タイでホームレスになっても生き延びた日本人

タイでホームレス

タイに生きる場所を見つけて暮らしている日本人や欧米人は多いですが、残念なのは資金をすべて失い自暴自棄に陥って自害してしまう人がいることです。
 
せっかく生きる場所を見つけたのに、なぜそこで早すぎる最期を迎えてしまうのかと思いますが、彼らなりの深い事情があるようです。全ての資金を失うことは、自分で自分を殺めてしまうほど辛いのです。
 
自害してしまう先進国の人間がいる中、全てを失っても逞しく生きる日本人もいます。ある日本人は日本人の典型的なパターンで自分の資産を失いました。
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>

 

タイで全てを失ってタイ人に助けられる

 
彼は日本の地方に住んでいて家族もあり、大手の自動車会社の技術者として仕事もきちんとしていました。自動車会社勤務ですので、タイに赴任していたことがあります。
 
タイに赴任した際に知り合ったタイ人女性がいました。仲良くなっていましたが、彼の赴任期間は終わり、彼は日本に戻りました。日本に戻りしばらくすると、タイ人女性からいきなり連絡がありました。
 
彼女の妹は日本に来ていて、妹を彼に紹介したいと言うのです。彼は一気に舞い上がっていまい、彼女に入れ込んでしまいました。長年連れ添った奥さんとも別れてしまい、二人でカラオケスナックをオープンしました。
 
タイスナック
 
オープンした当初は流行っていましたが、冬が近づくにつれて彼女は日本の冬に参ってしまいました。あまりの寒さに頭痛が頻繁に発生し、体調も崩しがちになりました。
 
タイに帰りたいと懇願するようになり、彼はスナックを閉店させ彼女を連れてタイに移住したのです。彼女は中年日本人を金づるだとしか思っていませんので、タイに移住すると彼が持っている資産を食い潰しにかかります。
 
車のローンや貴金属、飲食店の開店資金など矢継ぎ早に請求し、彼の首が回らなくなったところで別の男に走りました。彼は無一文な状態でバンコクに放り出され、彼は途方に暮れたのです。
 
この途方に暮れた時点で自分を殺めてしまう場合がありますが、彼は生き延びました。フラフラと路上生活しているところを、カラオケスナックのタイ人ママに拾われました。
 
続く

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報