スポンサードリンク

バンコクにいる日本の暴力団はとても温和でソフトな口調だが…

マフィア

タイに住む比較的裕福な日本人を騙すのは、困窮日本人だけではありません。タイには日本のヤクザも進出していて、地味に活動しています。

タイ人の間では農村や山奥の地方で貧しい家庭に焦点を絞り、若い女性を買って風俗に売り飛ばすと言う屑として知られています。いわゆる人身売買です。

ですからタイ人の中で有名な日本語は『ヤクザ』です。ヤクザは田舎でいろんな人間をリサーチしていますがバンコクにもいます。

いつもクリックありがとうございます。  にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

<スポンサードリンク>

今時の暴力団は見た目ではわからない

フィリピンは拳銃やドラッグ、人身売買などあらゆる悪が揃っていて、日本の暴力団も活躍しています。

しかしタイでは目立った活動をそれほどしていません。なぜならフィリピンの警官よりも、タイの警官の方が取り締まりが断然厳しいためです。

タイの警察は力がある分、大きな利益を生む仕事は自分たちが取り仕切っています。そのため、フィリピン国内で暴利を得る日本の暴力団のように、タイでは利益を得ることが出来ないのです。

我々がビジネスをする際に地元の協力者が必要なのと同様に、海外の暴力団がどこかの国で大きな仕事をする場合は、地元のマフィアなどと手を組む必要があります。しかしタイではこれが出来ないのです。   日本の暴力団   そこで彼らは隙間な産業に入り込んで利益を得ているのです。彼らはロングステイヤーを狙った裏ビジネスにもかなり精通しています。

暴力団に付き物の悪徳不動産屋、夜の女性の商売はもちろんですが、闇金にも進出しています。   金貸しの看板を掲げているのではなく、旅行代理店や在タイ日本時向けのサービス業だったりします。

いわゆるフロント企業といえるかも知れません。   入口をクリーンにして客を呼び込み、客の資産や動向を見ながら搾り取っていくやり方です。もはやヤクザな商売とは言えず、立派な暴利をむさぼる企業集団です。

しかも、ヤクザには全く見えず、普通の人よりも温和でソフトな感じで営業しますので、ロングステイヤーの方たちはもちろん、ほかの日本人も要注意です。

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報