スポンサードリンク

10代、20代は仕事なんかよりタイで沈没して外国人とガンガン交流しよう

タイで沈没する欧米のホームレス

前回の記事で伝説の外こもリスト?である『ふくちゃん』の動画を紹介しました。ふくちゃんが東京出身ですが家庭内不和や職場内でのいじめなどが原因で、タイを新天地としてやってきました。
 
ふくちゃんと同じようにいろんな事情で日本の生活に疲れている人は沢山います。アベノミクスで株価と大企業の利益は順調ですが、中小企業まで景気回復にはまだまだ時間がかかります。
 
雇用調整させるのはいつも派遣社員ですが、ふくちゃんは名古屋の製造業で派遣社員として働いていました。70万円ほど貯金できた時点でタイに渡ってきて、外こもり生活を楽しんでいたそうです。
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>

 

働くのは素晴らしいが楽しむのはもっと素晴らしい

 
タイに渡ってためた貯金を少しずつ使いながら生活するわけですが、やがて資金も底をつきます。本来であれば資金が尽きればタイから日本に帰国し、また派遣などで資金を貯めてタイに戻ります。しかし、当時は派遣社員自体も募集が少なく、働き口が少なかったのです。
 
今は逆に人手が足りなくなっていて、派遣社員やアルバイトの時間給は職種によっては上がっています。求人倍率も派遣やパートは1.6倍を超えていますが、正社員の倍率は0.6倍ですから企業はいつでも切れる短期労働者を求めています。
 
話を戻します。動画にあったように資金が底をついて、日本にも戻っても再度資金を稼げる可能性が低くなったため、ふくちゃんはホームレスになってしまいました。ふくちゃんはドキュメンタリーで取り上げられましたので有名ですが、欧米人、日本人など同じようにホームレス状態に陥っている人は結構いそうです。
 
欧米人がホームレスになっているのはパタヤが多い印象です。パタヤの海、歓楽街、雰囲気が欧米人を魅了していますが、魅了され過ぎて資金を使い果たしホームレスになっています。
 
国にもよりますが帰国すれば、日本で言う生活保護的なものを受けることが出来るはずです。しかし、欧米人の彼らも何かしら心の傷を持っていて、自国で生活することに嫌気がさしてタイに住んでいます。
 

 
タイでホームレスや外こもりをしている人をマスコミは叩きます。叩きやすくネタにしやすいので余計にたたきます。働かずブラブラしていたり、道に寝っ転がっている人を擁護するマスコミはありません。
 
もし、外こもりやホームレスを擁護しようものなら、マスコミが一斉に叩かれることになります。賢明に働くことが素晴らしいと言う日本人の美徳を妨害する論調は、決して世間が許しません。
 
必死に働き、売り上げを上げ、会社に貢献することこそが日本人の素晴らしさだと未だに言う人がいます。『まだそんな古めかしいこと言ってるんだ』と思わず首をかしげたくなります。人の生き方は多種多様であり、仕事を必死にやって金を稼ぐのもよし、仕事はボチボチにして、面白おかしく生きるのも良しです。
 
日本では1週間に3~4日のみアルバイトや派遣をして、残りの日数は貧乏旅行をしたり自分のやりたいことをやる若い世代が増えています。中年以降の日本人はこう言った若者を揶揄しますが、私は彼らが彼らのやりたいようにやればいいと思います。
 
二度とやってこない無知でありながら度胸がある20代を仕事人間で過ごす必要はありません。色んな空気を吸って、いろんな人種や場所、文化に触れて生きる力を身につけてほしいと思います。
 
そして何より楽しんで欲しいですね。

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報