スポンサードリンク

第六話 警察や政府高官に上手く賄賂を渡すのは日本人には難しい

賄賂

スナックと居酒屋でそこそこの収益を挙げて、フィリピン生活を楽しんでいる日本人の続きです。今でこそスナックと居酒屋で利益を出していますが、御多分に漏れず痛い経験をしています。
 
彼は以前夜のお店を運営していましたが、軌道に乗ってからは日本人に任せていました。すると任されていた日本人は店を乗っ取ることを画策し、あらゆる手立てを整えたのち店を乗っ取りました。
 
オーナーである彼はいろいろ手立てを講じましたが、時すでに遅しで店を取り返すことは出来ませんでした。外国で信用していた同胞に裏切られるほど悔しいことはありません。
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>

 

賄賂を上手く使うのは難しい

 
彼は元々大手企業に勤務していました。留学経験がありましたので英語が堪能で、かなり活躍していたそうです。その活躍ぶりを外資企業が目にして彼を引き抜きました。
 
引き抜かれた先でも活躍しましたが、やはり独立起業する方が儲けも大きいし、やりがいがあると思い退職しました。独立起業したのちに日本や外国を行き来しながらビジネスを展開していました。
 
ビジネス先のタイにやってきた際、タニヤに飲みに行き、今の奥さんであるタイ人女性と知り合いました。彼と奥さんとの年齢差は20歳なので、日本人とタイ人女性との結婚の割に年齢差が小さいかも知れません。
 
タイでの賄賂
 
この20歳差の日本・タイ夫婦がタイでのビジネスに挑戦します。タイはアセアン諸国の中では進んだ国で、ある程度の法治国家ですが、日本や欧米と比較するとまだまだやりたい放題で利権と賄賂の国です。
 
タイは色んな観光名所が各所にありますが、夜の街(風俗)としても世界的に有名です。夜の街に出店するには、それなりの人脈が必ず必要です。タイ人との人脈なしに夜の街で利益を上げ続けるのは至難の業です。
 
日々の夜の商売で気を付けなければならないのは、警察官との微妙なやり取りです。夜のお店の中には政府高官とがっちり組んでいることがありますので、下手に警官が摘発すると警官が職を失うこともあります。
 
ですから警官も資金を要求する際に、相手が誰とつながっていて、お互いに呼吸が合うかどうかを意識しています。お店も警官に付け届けはしていますが、あまり安易にすると食い物にされてしまいます。
 
この呼吸は外国人である日本人には難しいのです。また、仕入れ業者や備品業者、簡単に辞めてしまう従業員の管理など、外国人からすると発狂しそうな問題が山積みです。
 
続く

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報