スポンサードリンク

第三話 タイで愛人に名義を借りて会社を作っても成功はほぼ無理

タイでの商売は難しい

我々日本人が日本以外で商売をするには、いろんなハードルを超えなければなりません。言葉、文化、商習慣、賄賂など日本ではあり得ないことをこなさなければなりません。
 
かといって、自分のタイ人嫁や彼女に資金だけ提供しても成功した例は異常に少なく、最後には大損をしてしまいます。
 
タイの日本人社会では、個人が起業して成功する確率は1%と言われています。それほど外国で商売をするのは難しいのです。タイで商売を成功させるカギとなるのが、タイ人パートナーです。
 
タイ人パートナーと言っても、商売が出来るタイ人ですから見つけるのは至難の業です。また、商売が出来るタイ人の多くが倫理観に欠けている場合が多いようです。かといって人の良いタイ人をパートナーにすると、商売には向かないので毎月赤字の垂れ流しです。
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>

 

タイの商売の難しさは日本の比ではない

 
前回の記事で結構な損害を出した日本人を紹介しましたが、彼もタイ人パートナーを長期間にわたって探しています。しかし、未だに見つけることが出来ないそうです。
 
タイで外国人がビジネスをする場合、株式会社を設立しなければなりません。この設立には役員が7人必要で、資本金は200万バーツ以上の資本金や日本人が役員に入った場合は諸費用が必要です。
 
さらに出資金を全額負担したとしても、外国人は株式の49%までしか持つことが出来ません。多くの国にある規制と同じです。資金はこちらが出したとしても、過半数の株はタイ人が持ちますのでリスクがあります。
 
また、外国人が作った会社の税金は高いので、それなりに資金がある人や法人でなければ難しいのです。
 
タイでの商売は難しい
 
日本人や欧米人のロングステイやーたちが退職金などで、ビジネスを始めようと考えた場合、タイ人の名義で有限会社を作るのが一般的と言われています。信頼できるタイ人がいれば十分に可能です。
 
しかし、定年後にタイに移住し、タイのことを全くわからないのに信用できるタイ人を探すということは、彼女かタイ人の奥さんを会社の名義人にし、商売を始めることになります。
 
自分が出資して作った会社を、短い期間で知り合った愛人の名義で発足させるのは危険です。愛人の名義ももちろんですが、タイ人男性と何かの縁で意気投合し名義借りするのも危険です。
 
日本人や欧米人が出資し、名義が彼女や知り合いで何人も乗っ取られています。また、出資だけさせて実は会社も作らず、出資金をポケットに入れて飛んでしまう例も沢山あります。
 
続く

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報