スポンサードリンク

欧米の中高年たちもアジアで女性に振り回され、ホームレスになったり本国で事件を起こす

日本人の中高年がタイ女性に、タイに、東南アジアに惚れ込んで、ドツボに嵌る話は掃いて捨てるほどあります。自分が持っている資産の中で納めることが出来れば、ある意味成功かも知れません。
 
この『嵌る』のは日本人だけではありません。先進国や経済格差で優位に立つ国からきた男たちの多くは嵌ります。
 
本国の女性には無い優しさがあったり、明るさ、気立て、温かさを持ち合わせている女性に嵌るのは、心のどこかに自国にはない暖かさや人と人との繋がりを求めているからかも知れません。
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>

 

嵌って何もかも失う人に人種は関係ない

 
イギリス人はパタヤに多く住んでいると言われていますが、このパタヤでホームレスや貧困状態の欧米人は結構な数います。パタヤを歩けばわかりますが、不潔そうな格好でビニール袋に自分の荷物を詰めて座り込んでいたり、寝ている人の多くはホームレスか困窮欧米人です。
 
あるイギリス人がパタヤのビジネス女性に惹かれて、イギリスから定期的に通っていました。彼は彼女と会えるのをいつもの楽しみにしていましたが、不況のあおりでイギリス国内で仕事を失いました。
 
仕事があるときは定期的に彼女に資金を送っていましたが、仕事が無くなり貯金が底をつき始めると送金できません。そのことを彼女に伝えると、初めは仕方ないと言ってくれたモノの、時間がたつにつれて彼の電話に応答せず、メールも返信しません。
 
彼は極度な不安と怒りを抱えていました。この極度な不安と怒りを、なんとイギリス人女性にぶつけたのです。顔見知りでも何でもないイギリス人女性を射殺しました。
 
タイ・パタヤ・外国人ホームレス
 
理由はパタヤの女性が自分を裏切ったからです。訳のわからない理由ですが、彼はそれほどパタヤの女性に入れ込んでいたのです。
 
また、フィリピンではドイツ人がフィリピン女性のためにドイツから移住してきました。ドイツで必死に溜めたユーロをフィリピンに持ってきましたが、1年でフィリピーナと家族に吸い取られました。
 
彼もホームレスになってしまいました。
 
このように経済格差を武器にやってきた男たちが、タイやフィリピンなどのアジア女性に入れ込み、根こそぎ持って行かれてしまう話は、欧米人でもゴロゴロあります。
 
女性関係だけではなく、母国で暮らすことに疲れてしまい、タイや東南アジアなら自分を迎え入れてくれると思い渡航した人達もいます。もちろん、迎え入れてはくれますが家賃や電気代の保証はしてくれません。
 
慈悲深い国が東南アジアには多いですが、自分の生活資金を確保することなく渡航するのは無謀です。一度浸かった南国と言う心地よりぬるま湯を抜け出すのは至難の業です。
 
十分な計画と資金の確保をしてから移住しましょう。

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報