スポンサードリンク

24億円横領した坂本芳信はタイでいくら使ったのだろう?

23億円横領・坂本芳信

24億円を横領して、挙句はタイに逃げ豪遊し、金が無くなりタイ女性から密告されて捕まったのが坂本芳信です。マスコミでも盛んに報道されていますが、懲役15年で判決が出ました。

この事件をじっくり振り返ってみたいと思います。   事件の概要は下記です。

①2005年6月~10年9月、総額約23億8千万円を着服した。
②05年7月~06年7月、資産運用をめぐり便宜を図った見返りとして、東京のファンド管理会社から現金430万円の賄賂を受け取った――というもの。

着服した金の大半を旅行や飲食などの遊興費に使ったとされ、公判で起訴内容を認めていた。   まさに空前の巨額横領事件で、基金の加入者らが受けた損害は甚大です。

年金が厳しくなることが予想されている中、更に厳しい状況に追い込まれたのは言うまでもありません。外国のハゲタカどもも日本の年金を狙っていますので、いつ我々の資金が飛ばされるかわかりません。

いつもクリックありがとうございます。  にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ

<スポンサードリンク>

日本での豪遊はハンパではない

  24億円を全てタイで使ったわけではなく、大半は日本で使っています。彼はホステスから車が欲しいとか、家具が欲しいと言われれば1,000万円する高級外車、800万円の高級家具をプレゼントしていました。

また、自分が囲っているホステスに六本木でお店をオープンさせたりもしました。これだけで1億円の損失が出たぐらいです。彼が女性へ貢ぐ額はハンパではなかったそうです。

一度でも関係を持つと一人につき1,000万円は軽く貢いでいました。ひとりのホステスに貢ぎ続けるのではなく、複数のホステスを囲ってやりたい放題でした。噂レベルですが、20数名の女性と交際していたので、1人1,000万円としても2億は軽く超えます。   23億円横領しタイに逃げてきて逮捕された坂本芳信被告を振り返る   彼は長野市内に住んでいましたが、家賃55,000円のアパートに家族と暮らし、週に何日かは東京に出てきて豪遊していたようです。長野市内で派手なことすると一発でばれますので、普段は地味に生活していたのでしょう。

彼は自分のことを投資ファンドの社長だと言っていたようで、実際多くのホステスが話を信じていました。300万円ほどするオーダースーツを着て、時計は1500万円の超高級です。

クラブの後のアフターは銀座の久兵衛が常連でした。また、サッカーのラモスと意気投合し、週末の旅に豪遊していたようです。クラブの女の子やボーイをハワイに連れていき、ハワイにも久兵衛の社長や職人も帯同させ、現地で寿司を握らせたりもしていました。

豪遊しているとついに2010年に事件が発覚しタイに逃亡しました。   下手にタイに逃亡されるとタイのイメージが悪くなりますので大迷惑ですよね。

タイでの豪遊っぷりはどうだったのか?

  彼はタイへ逃亡しましたが、2005年ごろからすでにタイへ遊びに行っていたようです。   タイへ渡航する際は必ずファーストクラスでホテルのスウィートルームに宿泊です。ホテルのスタッフたちに気前よくチップをばら撒いて、シャチョ、シャチョと呼ばれていました。

タイへ逃亡した際はタイを訪れるたびに通訳や観光のガイドをしていた女性に世話になっていたようです。バンコクに来るときはブランド物のスーツケースにエルメス、アルマーニのスーツ、ロレックスの時計、ビトンの財布に鞄とブランドずくめでした。

やがて高級マンションに住むようになりました。   バンコクに来ても毎晩のように飲み歩いてました。ただ、報道によると彼は酒は飲めず、いつもお茶とか水を飲んでいたようです。

バンコクの地元のレストランにはいかず、日本料理店に女性と通っていました。「日本から直送のトロやアワビ、タイなどの刺し身を出す店によく行っていました。

季節にこだわり、秋ならサンマやマツタケとか、食べ物にはとてもうるさかったそうです。」   たまに中華料理を食べても、「フカヒレとかナマコ、ロブスターとか高級なものしか口にしなかった」ようです。

風俗店、飲み屋、ゴーゴーバーに通いづめで、まさに大名のような生活を送っていました。しかし、少しずつ資金が底をつきはじめると、周りにいた女性たちは蜘蛛の子を散らすように去っていきました。   23億円横領しタイに逃げてきて逮捕された坂本芳信被告を振り返る   タイに来て1年半ほどで困窮し、周囲に警察がちらつくようになりました。困窮してからも別の女性を頼り巻いたが、所持金が少なかったので家賃も滞納しはじめました。

家賃を払うためにタイ女性からお金を借りていましたが、女性がついに堪忍袋の緒が切れて警察に通報しました。拘束された当時の所持金は2万円ほどだったとか。

24億円を着服した男が最後に住んでいたのは、バンコクのトンブリ地区の家賃8,000円のアパートでした。8畳の広さで冷房無しの家具はベットと椅子だけです。

彼は困窮し始めると日本に連絡していました。知り合いに金を貸して欲しいと式に頼んでいたようです。日本のどこかに金を隠しているとも言っていたそうですが、多分嘘でしょう。

そこまで周到な人間がこれだけ派手な使いっぷりはしません。タイで使った金額は確認できただけで2,000万円ほどらしいので、多く考えても5,000万円ぐらいかもしれません。

タイで5,000万円となれば、日本円なら2億ぐらいの感覚でしょうか。日本で使ったのが23億ほどですので、タイで2,000万円使ってもあまり使ってないような錯覚に感じてしまいますね。

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報