スポンサードリンク

カオサンに見る国際交流という名の心の交流 ふくちゃん 第七話

バンコク・カオサン

入国管理局に連行されたふくちゃんでしたが、日本に一度帰国し、再びタイに戻ってくることが出来ました。バンコクをはじめアジアで沈没している人の中で、入管に強制送還された人は中々いないでしょう。
 
あまり感心できる経験ではありませんが、修羅場をくぐると人間には箔がつきます。箔がつけば、自身に繋がりますので、いろんな経験をすることで人から重宝されたり、頼りにされます。
 
バンコク・カオサン
 
いつもクリックありがとうございます。 
にほんブログ村 海外生活ブログへ 
人気ブログランキングへ
 
<スポンサードリンク>


 

カオサンでは日本と違った交流が出来る

 
ふくちゃんのこの経験は彼の自身となり、良い方向へ向かってくれればよかったのですが、一度出来上がった性格はなかなか治らないようです。どうも日本人とはギクシャクしがちな面があったようですね。
 
そんなふくちゃんが暮らしていたカオサンですが、外こもりしている日本人が多くいます。ゲストハウスを運営しているのはタイ人ですが、カオサンという密集地帯に所狭しと立ち並んでいます。
 
この立ち並んだゲストハウスにはタイ人も住んでいますので、彼らの子供たちも住んでいます。子供たちに国境も子供場も関係ありませんから、遊んでくれるお兄さんやお姉さんがいれば、ニコニコしながら寄ってきます。
 
バンコク・カオサン
 
タイの子供と遊ぶ日本人や外国人を子供の両親であるタイ人が見守る光景は、ある意味国際的ですし、庶民的でもあります。
 
日本を含む自分が生まれた国の人間との関係が良好ではなくても、タイ人やゲストハウスで暮らしている外国人とは良好な関係が作れたりします。
 
日本人だから日本で生活しなければならないと言う決まりはありません。我々には日本旅券という世界屈指のパスポートがあります。十分に活用して、人生を楽しく有意義に過ごしましょう。
 
自分が生まれた国を全否定する必要はありませんが、生きづらいと感じるなら、タイをはじめとする他国への移住はよい選択です。
 
面白いことに他国に住みつことで、いかに日本が素晴らしい国かと実感することが多々あります。整ったインフラ、治安、心など、日本で住んでいて見えなかったものが外国から見ることが出来ます。
 

スポンサードリンク


クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

コメントは受け付けていません。

更新情報